睡眠とホルモン

この記事では睡眠と関係が深い2つのホルモンのことについて共有していきたいと思います。

成長ホルモン

 体の成長とともに疲労回復、壊れた組織の修復を行います。発毛、美肌など美容にも良いことがわかっています。このホルモンはゴールデンタイム(22時~2時)に分泌されると言われていましたが最近の研究によりこの説は信ぴょう性が低くなり、入眠してからの最初のノンレム睡眠中、とくにステージ3、4といわれる1番深い眠りのときに多く分泌されるとわかってきました。つまり成長ホルモンの分泌には質のいい深い眠りをとることが重要ということになります。

メラトニン

 このホルモンが分泌されると眠気がでます。体内時計と深く関係していて、強い光を浴びると分泌されなくなり暗くなると分泌量が多くなります。毎日不定期に起きていると体内時計が狂い分泌量が減って不眠症の原因になります。分泌量を増やすには起きて光を浴び出来るだけ暗くして寝ることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする