「聞いてもらえる」注意やお願いの仕方

自分の話や注意をほかの人が聞いてくれないときはどうします?怒鳴りますか?待ちますか?しかし間違ったアプローチをすると逆効果の場合も….. この記事では効果的な方法を書いていきます。

「ダメ」と禁止するのは逆効果かも

見るなと言われると見たくなりますよね。これは「カリギュラ効果」と名前が付いています。ポイ捨て禁止看板など逆にゴミのポイ捨てが増えるなんてこともあります。この場合相手のデメリットを一致させるように注意しましょう。例えば「赤い鳥居」がポイ捨てや立ち小便の抑制に効果が注目されているのは、「ばちがあたる」と言うデメリットが一致しているからでしょう。人間は自分の為ならある程度動けるものです。

Yes but法

これはビジネス、営業の世界では有名ではないでしょうか?注意を聞いてくれないということは相手にも言い分が理由があるはずです。それを頭ごなし否定から言われれば相手の言葉に耳を傾けてくれるはずがないです。自分の意見を受け入れてほしいなら、相手の意見も受け入れた上で言いましょう。しっかり相手の言い分を聞くようにしましょう。

お願いに添える「言葉」

名前、感謝を添える「○○さん 机拭いてくれませんか?」「いつもありがとう これできる?」など。名前は限定や希少性の原理、感謝の場合は返報性の原理ですね。人の脳は理由があった方が頼みを受けやすいことがあります。順番を変わってほしいとき「急いでいるので」などの理由があるとさらに確立が上がります。もちろん熱意や具体性、必要性もだいじですよ!!

煽る

これは万人に通用するわけではありませんがプライドや生意気な人ほど煽ると要求をのんだりしてくれます。馬鹿にするというわけではなく、「君はすごいけどさすがにこれは……無理だよね」みたいな感じで言いましょう。
プライドが高ければ高いほど効果抜群!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする